アーシング

アーシングとは電装系統のプラス側は直接機器に行くので問題ないが「ケーブルを太くして許容量を上げるとか

の方法はあるが」マイナス側は通常ボディアースでボディや機器類、エンジンなどを導体として使っているので

どうしても接触抵抗とか材質抵抗「ケーブルの銅に比べボディの鉄やアルミは抵抗が大きい。」

により電流が減衰して還流率が下がるので電装系が十分な働きをしないというのを改善する手段です。

方法としてバッテリーのマイナスからケーブルで各機器類に直接マイナスを送ってやるとか機器類の

なるべく近くにマイナスを直接持っていってやる方法です。

まずバッテリーのマイナスからボディの要所要所へ持っていき、またボディとボディの継ぎ目は必ず

ケーブルで繋ぎます。

そしてエンジンのタペットカバーのボルト等プラグに近いところに。

エンジンブロックにも繋ぎます。もちろんオルタネーター本体をエンジンブロックに固定しているボルトにも。

イグニッションコイルや、デストリビューターやセルモーター本体や、その他なるべ多くの各電装品の

本体かそのなるべく近辺に繋ぎます。

もちろん電装品でもエンジン関係が優先ですよ。

ですがライトとかもちろんステレオとかラジオとかとかヒーターやクーラーにしても

ここに電気が多く流れると発電量が増えエンジンにも負担が掛かりますからアーシングで

効率を上げて消費電流を下げるに越したことはありません。

繋ぎ方は太めのケーブルでバッテリーから各機器を直列に繋いで行くか「ケーブルの数が少なく済み

バッテリー回りもすっきりします」 もしくはバッテリーからパラレルで各機器に一本ずつ機器の数だけケーブルを

送るか「ケーブルは細くてすみますが、かなりバッテリーまわりとかエンジンルームがケーブルだらけに・・・」

まぁ、両方の併用がいいかと・・・

というのも、電流の流れに差ができる、電位差というものがケーブルの長さの違いにより発生する抵抗差により

発生しますので「これには位相とかいろんな要素がからんできますが」この電位差により電装関係のパーツに

負担が掛かったり、電位の逆送が発生したりしますので「過敏に気にする必要はありませんが」

なるべく各パーツの電位を揃えるためにケーブルの長さは同じ位にするか、もしくはケーブルの太さを変え

えてやるというのが良いかと思います、そのためには前記のケーブルの直列接続か、もしくは各ケーブルの

なるべく中間点に接続ターミナルを設けてそこに一度接続してそこから太めの「まぁ14スケアぐらいで

かまいません」ケーブルでバッテリーのマイナスまで接続するかというのが良いと思います。

しかし各電装パーツは内部抵抗がそれぞれ異なりますから厳密には純正標準段階から電位差は

発生している物なのですが・・・しかしそれをプログラム的に相殺しています。

ですからメーカー純正のアースは、コストの点で必要最低限のアースポイントしかありませんが

ベンツなどのコストを度外視した作りの車にしてもアースポイントが限られているのはそういう電位差を

少しでもなくすという意図もあるのです。

しかしそれほど過敏に気にするレベルでもありませんが、しかし車はとか機械物はすべて各パーツの構成の

バランスの上に成り立っていますから、一部だけ突出して性能を上げても逆効果になることが多いのです。

すべてトータルバランスの上に成り立っていますから。

たとえばいくら吸気系の性能を上げても排気系がそのままではかえって背圧が乱れてしまいます

これは単純な例ですが・・・

ですからアーシングもトータルバランスを考えながらなるべく関係するパーツはすべて均等にやりましょう。

使用するケーブルは通常カー用品店で市販されているものか建築用の電材屋さんで売られている

IVケーブルかKIVケーブルでかまいません。IVケーブルは主に建築用で芯線が太く曲がりにくいかわりに

けっこうサポートなしに自力でまっすぐはしります。KIVケーブルは電気機器配線用で、芯線が細くたくさんあって

柔らかく配線はしやすいですが多くサポートが必要です。

もちろんオーディオ用でも溶接機用のキャプタイヤケーブルでも・・・

どうしても耐熱というならH-IVやH−KIVというのがあります、Hはホットの略ですね。しかし

エンジンルームの温度ぐらいではケーブルの被覆は溶けません「エンジンルームに無数にある純正の

ケーブルやハーネスも別に耐熱ではありませんから。」ケーブルの耐熱は外気温度よりも芯の導体の

発する抵抗発熱による温度にたいする物で「もちろん消防法で定められている耐熱、耐火と銘打たれている

ケーブルは外気温度に対してですが」ですからプラス回路で細いケーブルに大きな電流を流すと

導体が通電抵抗により発熱して被覆が溶けたり燃えたりします。

ちなみに普通のIVケーブルで試験耐熱は100度。H−IVで120度です。

「までは温度上げて試験したということですね」

しかしマイナス側ではこのようなこともないのでケーブルの太さや材質で

トラブルはあまり発生しませんが、そのかわり効果が落ちてしまいます。

ですからケーブルはパラレルで送るならプラス側と同じ太さ、直列で送るなら最低でも8スケア以上14か22

ぐらいまで・・・。むやみに太くしても効果は変わりませんから( ;^^)ヘ..

ちなみにスケアとはケーブル芯線の断面積です。

私の場合はより効率のいいメッシュケーブルというアース専用の凄く細い亜鉛引き導線を筒網状に編んだ

ものを使っています。これは機械部品屋さんか建築電材屋さんにあります、少し違うけれどオーディオケーブル

にもあります。それからターミナルポイントに接続するさいのケーブル端末は圧着端子というのを使います。

裸圧着端子 R 8−6 とかいう記号であらわされていますがRというのは先が丸い端子で他に幅の狭いSや

先端が割れているYなどがあります。8というのはケーブルの太さで8スケア用です6と言うのは接続する

ボルト穴用の口径です。各自の状況に合わせて購入してください。

一番良いのは建築電気工事用の電材屋さんです「個人でも売ってくれるところもけっこうありますから」

圧着用の工具は裸圧着端子用の圧着ペンチというのが上記電材屋さんか工具屋さんで売っています。

こちらで買えば3000円から5000円あたりで買えますが、ホームセンターなどで買うと5000円以上

1万円くらいと割高です。

もちろんペンチやハンマーで叩きつぶしてもかまいませんが・・・

それのうえにさらに半田付けをしたら尚いっそう効果的ですが、しかし実際の建築現場での電気工事や

機械の組立配線でも半田付けまではやっていません、弱電関係にしてもそうでして、ものすごい数の

配線結線にいちいち半田上げをする手間を掛けられないと言うのが理由ですがしかしそれでも

きちんとした工具でかしめれば何の問題もおこりません。そして端子の後側に半田を流すのですが

これは電線がおれたり切れたりするのを防ぐ効果もあるにはありますがしかし必ずしも振動に強くなく

逆になにもしない方が長持ちした例がいくらもありますから・・・

いちばんいいのは端子部分に負担が掛からないような配線とかサポート金具で保持する事です。

まずエンジンや補機類は思っている以上に振動ますからケーブルの取り廻しには十分気を付けて下さい。

そしてくれぐれも振動によるひっぱり方向にはケーブルの余長を十分みるようにして下さい。

しかしくれぐれも回転部に注意して巻き付いたり切断されたりのないように。

熱に関してはエンジンや排気系に直接触れることが無ければかなりの範囲で大丈夫です。

最後になりましたが作業前には必ずバッテリーは切り離しておくこと、マイナスからはずして、プラスから繋ぐ・・・

是が鉄則です。

効果のほどは各車それぞれ違いますからここでは書きません・・・

しかしベンツはボディがチタン入りのスチールで国産と導通抵抗も違うし・・・各部の接続が

割としっかりしているので、劇的な効果はないみたいですけどね・・・σ(^◇^;)

とりあえず、私は車屋さんで十分食べられなかった時代に建築電気工事もやっていましたから

整備士の他に電気工事士とか主任電気技師とかも持ってたりして(^_^; アハハ…

だからその知識も少し取り入れました。

 

SEO対策 ショッピングカート レンタルサーバー /テキスト広告 アクセス解析 無料ホームページ ライブチャット ブログ